ようこそ 長崎県公立学校事務長会ホームページへ



長崎天草地方の潜伏キリシタン関連遺産
はら じょう あと
原 城 跡

長崎県南島原市有馬町「国指定史跡」

  海禁体制の確立につながり、潜伏キリシタンが自らの
かたちで信仰を続けるきっかけとなった場所です。

 原城跡は、禁教初期に島原半島南部と天草地方のキリシタンが起こした
島原天草一揆いっき」の主戦場となった城跡である。一揆は全国的に
禁教政策が進む過程で起こった出来事であり、江戸幕府に大きな衝撃を
与えた。それは、幕府が宣教師の潜入の可能性のあるポルトガル船の来
航禁止し、2 世紀を越える海禁体制(いわゆる鎖国)を確立するとともに、
宣教師不在のもとに潜伏キリシタンが長期間にわたって自らのかたちで信
仰をひそかに続けるきっかけをもたらした。